【講習会毎月開催】終末期・緩和ケアを専門とする作業療法士のブログ~死について、もっと前へ…~

終末期・緩和ケア分野で働いている作業療法士の藤田と申します。日々の臨床で感じること、思ったこと今までの経験などを書き記していきたいと思います。終末期リハビリはまだまだ始まったばかりの分野です、意見交換できれば幸いです。

【定員に達しました】終末期・緩和ケアの初回面接法 in埼玉

※ 参加定員に達しましたので、募集締め切ります。

 

こんにちは、終末期作業療法士の藤田です。

 

FBの方では少しつぶやいたんですが

 

今回、終末期リハビリについて講習会を開催することにしました。

 

テーマは初回面接について。

 

「終末期リハはどんなことをしているんですか?」色々な方に聞かれます

「何をすればいいのか分からない」色々な方に聞かれます

 

思うに、「初回面接」が皆様苦手なのではないでしょうか?

藤田は終末期リハを行うに当たって初回を何よりも大切にしています。

 

患者様の安心もそうですが、私自身がぶれない為…と言うところが大きいです。

 

初回面接は決してその場の思い付きでおこなうのではなく

ある程度のセオリーがあり、それにのっとって行えば決して難しいものではありません。

そして患者様、ご家族、リハ職と関係性の再構築のきっかけになります。

関係性の再構築についてはコチラから

kanwakea-fujita.hatenablog.com


死を前にした患者様に対して、こちらが動揺せず、患者様が安心して残りの時間を過ごすための最初の一歩について考えてみませんか?

 

講習会の詳細は以下の通りです。ご参加お待ちしております。

藤田



生きる希望を取り戻すスピリチュアルケアを取り入れた3-STEP法

 

終末期リハビリ、大変なのはわかるけどなんだか難しそう…どうしていいのかわからない…そう思ってしまいませんか?

【こんな方にオススメ】
・終末期の患者様を担当するにあたってどうすればよいか分からない
・患者様とのかかわり方に自信が持てない。
・リハビリ意欲が低い人に何をすればよいのか?
・患者様に寄り添ったリハビリを提供したい。
・患者様に「もうすぐ死ぬ」と言われたらどうしよう。
・「私は治るんですか?」どう答えたらいいのだろう。

とても難しいと思われがちな終末期・緩和ケア分野のリハビリですが

『初回面接』のコツがしっかりできていればあとは従来の整形外科や脳卒中などのリハビリと全く変わりありません。

初回介入で患者様とリハビリとは何か?何のために行うのか?を共有する方法をお伝えします!

【内容】

・初回面接で『やってはいけない』こと5つ
・初回面接で『やるべきこと』4つ
・ケース別「3STEP面接法」
・どんな方でも自信を持って対応できるフローチャート
・ロールプレイ実習等…

翌日の臨床で使える実践的な終末期リハビリテーションについてお話しします。


【講師紹介】
藤田亮

埼玉県立がんセンター 作業療法士
姿勢発達研究会 認定講師
医療選択の自由を考える会 理事

神経難病からがん分野まで10年以上終末期分野で働き、数百名の患者様の人生の最期に寄り添い、どのような生き方を選ぶのかについて共に考えてきた。

現在は患者様だけではなく医療スタッフがいかにバーンアウトせずに患者様と関わっていけるのか?をテーマに活動中。

 

平成27年9月4日 10:00~12:00

参加費 3000円

場所

未来創造スペース~MIRAI AGEO~
http://coworkingcafe-mirai.com/access/

※人数によってはまれに場所を変更する場合があります。前日にお送りするメールをご確認ください。

定員4名

PT OT ST その他医療福祉関係者

 

  

お申し込み方法

講習会申し込みページ

からお申し込みください

 

お支払いについて

カード払い・銀行振り込み

詳細はお申し込み後にお届けする返信メールをご覧ください

場所確保の都合上、お申し込み後のキャンセルは受け付けておりません。

ご了承ください