読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【講習会毎月開催】終末期・緩和ケアを専門とする作業療法士のブログ~死について、もっと前へ…~

終末期・緩和ケア分野で働いている作業療法士の藤田と申します。日々の臨床で感じること、思ったこと今までの経験などを書き記していきたいと思います。終末期リハビリはまだまだ始まったばかりの分野です、意見交換できれば幸いです。

【3月18日追記あり】終末期・緩和ケアリハビリテーション講習会④ ~死生観について考える会~ 3月26日

こんにちは、終末期作業療法士の藤田です。


【重要】

3月の講習会の日時・会場が変更になります。
参加を希望されている方は改めて以下の申込フォームよりご連絡お願いします。メールを確認次第改めまして会場についてご連絡いたします。

前回・前々回の講習会で参加希望をされた方も人数確認の為改めてご連絡ください。

 

 

 

講習会毎月開催、3月は「死生観」についてです。

 

非常にモヤっとしたものではありますし、私自身も明確に理解できていないものですが

この「わからないこと」の重要さについて共有する会にできればと思います。

以下概要です

 

終末期・緩和ケアリハビリテーション講習会④ 

~死生観について考える会~

 

終末期リハビリ、何となくのイメージはつくような気がするけれど…
実際何を行えばよいのかわからない!…そう思ってしまいませんか?

今回は「死生観」について考える会です。

教科書や文献に乗っている「死生観」とはどういったものだろうか?

何となくのイメージが先行しがちな終末期リハビリテーションについて
この上なくリアルな患者様の感情を知り、考え、悩みながら死の臨床に向き合いましょう。

テーマは「患者様のリアルな感情を実感」することです。

【こんな方にオススメ】
・終末期の患者様を担当するにあたってどうすればよいか分からない
・患者様とのかかわり方に自信が持てない。
・患者様に寄り添ったリハビリを提供したい。
・より患者様目線で医療を提供したい。

終末期医療に必要不可欠な「ナラティブ」を中心に、ロールプレイを交えながら「この上なくリアルな」患者様の心情を経験し、何が必要なのか考えてみましょう!


【内容】

・死に向かうフローチャートの作成

・死生観とは何か?
・医療者にとっての死生観の意味とはなにか?
・実際に聞かれた患者様のリアルな感情

・各々が思う死生観についての意見交換
・患者様を実感できるロールプレイ実習等…

翌日の臨床で使える実践的な終末期リハビリテーションについてお話しします。

 

日時:平成28年3月26日 10:00~12:00まで

※ 日程変更・場所変更の可能性あり。
(講義の進行によって1時間程度の時間延長の可能性あり)

講習会後、意見交換会を行いますので参加希望の方はご連絡ください。

 

場所:未来創造スペース~MIRAI AGEO~

http://coworkingcafe-mirai.com/access/
〒362-0035
埼玉県上尾市仲町1-7-27
アークエムビル7F
JR上尾駅より徒歩1分 駐車場完備;8台
通常1時間400円⇒当店利用で1時間100円

 

参加費:3000円

定員:6名

対象:終末期分野に興味のある医療者及び学生

 

終末期医療の分野を学ぶことは、死生観のような「形に無い、理解しがたいもの」と関わることに他なりません、積極的な意見交換ができれば幸いです。

 

申込・お問い合わせは
http://sinka-body.net/kousyuu.html

までお願いします。

藤田


【講師紹介】
藤田亮

埼玉県立がんセンター 作業療法士
姿勢発達研究会 認定講師
医療選択の自由を考える会 理事

神経難病からがん分野まで10年以上終末期分野で働き、数百名の患者様の人生の最期に寄り添い、どのような生き方を選ぶのかについて共に考えてきた。

現在は患者様だけではなく医療スタッフがいかにバーンアウトせずに患者様と関わっていけるのか?をテーマに活動中。

 

最新講習会は以下より↓ 

kanwakea-fujita.hatenablog.com