読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【講習会毎月開催】終末期・緩和ケアを専門とする作業療法士のブログ~死について、もっと前へ…~

終末期・緩和ケア分野で働いている作業療法士の藤田と申します。日々の臨床で感じること、思ったこと今までの経験などを書き記していきたいと思います。終末期リハビリはまだまだ始まったばかりの分野です、意見交換できれば幸いです。

意見交換会を行いました

その他 作業療法 終末期リハビリ

こんにちは、終末期作業療法士の藤田です。

 
先日浦和の某喫茶店にて終末期リハビリテーションについての意見交換会をおこないました。
 
意見交換会といってもそんな大それたものではなくて
コーヒー一杯で三時間ほど居座り、日々の業務の現状や感じることを話し合いました。
 
半分くらいは私の愚痴を聞いていただく形だったような気がします(本当にすいません)
 
やはり話題になるのは「医療職のエゴで患者様の人生を捻じ曲げているのではないか?」と言うことと「個人と医療者、患者様が求めるものは個人のWeitが大きいのではないか?」。
その他管理者としての意見や、私のような非常勤がどのように立ち回っていくか、そして今後の終末期リハの発展に向けてどういった可能性の模索ができるのか?
 
などなど、活発な意見交換ができたと思います。
 
こういった意見交換会は今後も積極的に行っていきたいと思います。
 
とはいえ堅苦しいものではなくてお茶でも飲みながらゆるゆると
 
日々の業務の疑問や悩み、考えたことなどを共有するだけでも価値はあるのではないかなぁと思いました。
 
直接ではなくても最近はスカイプのような便利なものもあるわけですし、勿論facebookでのやり取りなんかも良いと思います。
 
終末期リハビリの分野はまだまだ発展途上であるので、自分のやったことが保証(効果があったかどうか判断するのは患者様なので完璧なものではありませんが)されることは、バーンアウトを減らす一助にもなるのかも知れません。
 
ご興味のある方、是非ご連絡ください。
 
藤田
 

 終末期リハビリテーション講習会情報はこちら

kanwakea-fujita.hatenablog.com